集団指導塾の特徴とは

授業料は個別塾に比べ安価で、クオリティの高い授業が受けられる

集団指導塾は1人の講師に対して生徒が20人ほどのため、1人の講師に対して生徒が1人や2人の個別指導塾に比べて、授業料は安価な傾向があります。また全国展開している集団指導塾では、サテライトで講座を行うこともあります。全国でナンバーワンの講師のクオリティの高い講座を、日本中で受講することが可能です。サテライトの講座ではない場合でも、講師はアルバイトの大学生などではなく、プロであることのほうが多いのが特徴です。 大きなメリットは、同じクラスに他の生徒がいるという環境が、子どもに自然と競争心を芽生えさせるということです。集団の中で競い合うことは、モチベーションを高め、やる気を引き出すことにもつながります。また学校ではないところで新しい交友関係も生まれます。進学後も親交が続き、一生の友に出会えるという、素晴らしい経験をする子もいます。

授業について行けない子どもの指導が、おろそかになることもある

集団指導塾では、一定のペースで授業が進められます。一年を通してカリキュラムがしっかりと決まっているからです。そのため、もし授業について行けない子がいた場合でも、個別指導塾に比べるとどうしても指導がおろそかになりがちです。授業が終わった後に質問ができたり、クラスの仲間に教えてもらったりという行動を起こせない子もいます。積極的な行動を起こせないタイプの子にとっては、集団指導塾が苦痛になることはあります。 また勉強があまり好きではない子は質問をする意欲に欠けることもあり、授業が終わればすぐに帰路についてしまうというケースもあります。もともと授業について行けないなどの理由から入塾を考える場合は、個別指導塾のほうがフォローは手厚いです。

© Copyright Consider The Teaching Method.All Rights Reserved.