個別指導塾の特徴とは

生徒個人に合わせることのできる柔軟な指導

個別指導塾は学校の授業のように大勢の生徒が一緒に指導を受ける形式とは異なり、先生1人に対して生徒1人、多くても3人程度で勉強するというものです。
少人数で行うことでスケジュールを生徒に合わせることができたり、わからないところを重点的に勉強できたりと、生徒によって柔軟な対応が可能なことは個別指導塾の大きな特徴です。例えば体調を崩して学校も塾も数日休んでしまったとします。学校の授業は休んでしまった間も進み続け、復帰したころには別のところまで進んでいたということが起こります。しかし個別指導塾の場合は復帰しても以前の続きからなので学習する内容に欠ける部分がありません。学校の授業の内容に沿って塾で勉強している場合でも、塾の先生と生徒の話し合い次第で現在勉強しているスケジュールを修正して授業の内容に合わせることも、休んでしまった部分を完全に理解するまで勉強することも可能です。

周りの目を気にせず集中できる環境

もう一つの大きな特徴としては、周りの目を気にすることなく勉強できることです。個別指導塾の勉強スペースは、塾によって違いがありますが基本的には1人で勉強するためのスペースになっています。先生と生徒との距離が近いので友人とのおしゃべりで勉強を中断してしまうようなこともなく、周りが真剣に勉強しているという状況から程よい緊張感で勉強することができます。また、勉強している内容も進むスピードも生徒によって違うので「○○君はわかっているのに…」というような他の生徒との差に苦しむことはありません。
先生との距離が近いという意味では家庭教師も同じですが、あちらは勉強する環境によって集中力の維持できる可能性が大きく左右されます。漫画やゲーム、テレビなどの誘惑が存在している部屋で勉強する場合、どうしてもそちらに意識が行ってしまって勉強になかなか集中できない可能性もあります。

© Copyright Consider The Teaching Method.All Rights Reserved.