集団指導塾に向いている生徒とは

速いスピードの授業についていける子

塾には集団指導塾と個別指導塾があり、それぞれの生徒の適正によりどちらを選んだらよいかを考える必要があります。個別指導塾は自分で教材を用意して自分のペースで勉強ができますが、勉強の進み具合は生徒の能力に影響されやすくなります。一方集団指導塾は個々の生徒のペースで授業が行われるわけではありません。ある程度能力の近い生徒が集められて、その授業についていければどんどん勉強を進められるでしょう。速いスピードの授業でも問題なくついていけるのであれば、集団指導塾の方がより勉強が進められ難関学校への進学が可能になるかも知れません。普段の子供の様子から学校の授業に物足りなさを感じているようなら、集団指導塾を検討してみましょう。

負けず嫌いの性格の子は集団指導塾

学校では同じ年齢の生徒が勉強や運動、その他遊んだりしながら生活をします。普通に学校に通うぐらいだとそれぞれの生徒同士で競争意識などは発生しにくいかもしれません。でもテストであったりスポーツなどではそれぞれの生徒が数字で評価され、誰よりも一番になりたいと思っている生徒もいるはずです。もし自分の子供が負けず嫌いの性格であれば集団指導塾に行かせてみましょう。個別指導塾は個々の生徒の目的に対応した勉強の指導をしてくれます。そのためあまり生徒間の競争意識が生まれにくい環境になっています。集団指導塾では同レベルの学力の生徒が一つのクラスに集められて授業が行われます。テストの点数が貼りだされるなど競争意識がわきやすく、負けず嫌いだと成績が上がりやすくなるでしょう。

© Copyright Consider The Teaching Method.All Rights Reserved.