集団指導塾が適している教科とは

集団で授業を行うメリット

集団で授業を行うことにはいくつかのメリットがあります。例えば、同じ音楽を部屋で一人で聞いている場合と、コンサート会場で大勢とともに聞いている場合を想定するとその違いが分かりやすくなります。集団で行うからこそ得られる盛り上がりは学習効果にも良い影響を与えます。また互いに切磋琢磨できる仲間やライバルが身近にいるということも、集団指導のメリットです。一人ではどうしても怠けがちになってしまうこともありますが、すぐ隣で頑張っている姿を見ることによって、自分のやる気を持続させ、勉強へのモチベーションを高く持ち続けることが期待できます。これらは、いわゆる「競争原理」の相乗効果といわれるものです。これらの刺激を定期的に受け続けることが学習成果をもたらします。

集団指導に向いている科目

競争原理を意識させることが、集団指導最大のメリットですから、集団指導に向いている科目とそうではない科目とがあります。集団指導に向いている科目は理科や社会といった暗記が中心となるような科目です。とくに授業で説明を受け、理解を深めたあと、本当に頭に入ったかどうかを確認するための確認テストなどでは、その効果は顕著に表れます。逆に個別指導に適しているのは英語や数学といった、段階的に理解を積み上げていくような科目です。これら科目は生徒一人ひとりによって理解度や習熟度が異なるので、集団指導には不向きな場合があります。もちろん英語や数学が得意科目だという生徒は、個別指導塾では物足りなさを感じる場合もありますので、集団指導塾の方が向いています。

© Copyright Consider The Teaching Method.All Rights Reserved.